Shichirigahama Town Community

環境コンシャスな人たち第3回「私達はみんなの中にいる一人」

「七里ガ浜は全体が傾斜地なので、ごみは上下左右、どこからでもやってきます。」と語るのは、東2丁目のIさん(87歳女性)。疲れていると、ああ、これは〇〇さんの葉っぱ、XXさんの葉っぱと思う時もあったけど、朝のお掃除のあとは、食事が美味しくいただけ、一日が爽やかで満足に終わります。知らず知らずの内に体も健康になり、病院通いをしたことがありません。道路掃除をしていて、「おはよう」「ありがとう」と言ってくれる人はごくまれですけど。

先日、西友までの買い物途中に見かけたお宅のカイヅカイブキ。幹を自宅側は適度に伐採し、道路側は可能な限り小さくしていました。ここに住む人の、他人に迷惑をかけないという心根のやさしさを知りました。私達はみんなの中にいる一人ですから、個々が自分の家の前を自分の責任でキレイにするのは当たり前のこと。みんながそういう気持ちになり、七里ガ浜住宅地は「キレイなところ」という評判を得られたらいいなと思います。

(Iさんからいただいたお手紙をもとに編集しました。写真はイメージです。)